バス釣りで必要な船舶免許の種類と取得方法は?

Pocket

バス釣りの船舶免許

船外機を使ってバス釣りをしたい方、レンタルエレキでも船舶免許の提示を求められる場所が存在することを考えて小型船舶免許の取得を検討している方に向けた情報のご紹介です。

一口に船舶免許といっても様々な等級の資格がある中、どの免許を取得すれば良いのでしょうか。また、どの程度の労力とコストがかかるものなのでしょうか?

最大限どこまで利用するか、自分のバスフィッシングライフのプランをイメージしつつ予算も考慮して考えてみましょう!

 

船舶免許の種類

ボートの大きさ 航行区域 取得年齢
1級 総トン数20トン未満プレジャーボートは24m未満 総トン数20トン未満プレジャーボートは24m未満 満18歳以上
2級 すべての水域
※海岸から100海里以上は別途条件あり
平水区域および海岸より
5海里(約9キロメートル)以内
満16歳以上
※18歳未満で取得した場合、
18歳までは5トン限定の制限あり
2級
(湖川小出力限定)
総トン数5トン未満
(出力15kW≒20馬力未満)
湖・川および指定区域 満16歳以上

 

船舶免許には1級船舶免許、2級船舶免許、2級湖川小出力限定の三つがあります。(今回、水上バイクは趣旨に合わないので採り上げておりません。)

取得要件などはわかりましたが、一体どの免許を取得すれば良いのでしょうか。

 

船舶免許の取得目的や講習金額・取得時間

目的 講習金額の目安 取得時間
1級 海での本格的なボートフィッシングに行くことも考えたい人 13万円前後 講習3日+試験1日
2級 機会があればバスボートの運転もしたい人 10万円前後 講習2日+試験1日
2級
(湖川小出力限定)
バスボートまでは考えていないが、手軽にボートでバス釣りを楽しみたい方 5万円前後 講習半日+試験1日

 

エレキオンリー、またはアルミボートに小馬力クラスの船外機を取り付けてバス釣りを楽しむというスタイルであれば、2級(湖川小出力限定)で十分です!講習金額の安さ、講習時間の短さを考えると原付免許を取るよりも簡単だと思います。

もし、将来的に高馬力の船外機がついたバスボートを運転してみたい、運転することを目標にバス釣りを楽しみたい!という人は、2級船舶免許を取得すれば良いと思います。

1級船舶免許は本格的な海釣りをしたい、東京近郊であれば伊豆大島などの離島にボートで出かけて見たい!という人は取得しておいても良いと思います。実際に1級船舶免許の取得コストや労力も、自動車やバイクに比べれば非常に手軽なものです。

 

講習申し込みに手順

  1. 自宅に近い教習所を探して受講日を決める
  2. 電話・WEBで予約する
  3. 書類提出(パスポート用証明写真・住民票2通を用意)
  4. 講習料金を納め、講習へ

 

免許取得後の更新

船舶免許は5年に1度の更新手続きが必要です。

国土交通省指定の海事代理士事務所ならどこでも更新可能で、数時間の講習で終了します。

「船舶免許」・「更新」などのワードでネット検索すれば沢山の情報が取得できますので、通いやすい場所を見つけて参加登録すれば問題ありません。

更新は1万円程度、失効再交付は1万5千円程度です。

ちなみに船舶免許には失効して長期間放置した場合の免許取消や免許停止、罰則といったルールがありませんので、免許を使用しなくなって失効し、10年放置、使用するときに失効再交付手続きを取る、ということも可能です。

気軽な気持ちで、まずは免許取得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

 


今から取るボート免許 2017-2018(DVD付き): KAZIムック

 

 

 

バス釣り掲示板もみる

ホーム フォーラム トピック

5件のトピックを表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
5件のトピックを表示中 - 1 - 5件目 (全5件中)
Pocket